上杉記念館(上杉伯爵邸)

上杉記念館(上杉伯爵邸)1
上杉記念館 上杉記念館(上杉伯爵邸)2
現在は郷土料理のお店になっています
大正時代に建てられた旧上杉伯爵邸です。
 上杉伯爵邸は、明治29年、米沢藩最後の藩主上杉茂憲(伯爵)の本邸として建設されました。
 しかし、大正8年の大火で全焼。現在の建物は大正14年、上杉憲章氏の米沢本邸とし建てられたものです。
 屋根は銅板葺き、柱や長押には木曽ヒノキを用い、門、玄関は総ケヤキ造りと気品漂う一部二階建ての純和風の邸宅になっています。庭園は東京の浜離宮庭園を模して造園しました。
 昭和26年から昭和50年まで、中央公民館として市民に利用されていましたが、現在は郷土料理を中心にした食事処になっています。
公式サイト
上杉伯爵邸