稽照殿

稽照殿
稽照殿
上杉家の貴重な宝物を収蔵、展示しています。
 上杉神社の宝物殿として刀や甲冑、絵画など約300点が収蔵展示されています。中には国の重要文化財に指定されているものも多々あり、歴史ファンには必見です。
 直江兼続が所用していたといわれている「金小札浅葱糸威二枚胴具足」、いわゆる「愛」の前立の甲冑が展示されています。
 他にも、上杉謙信が所用した鎧の中でも逸品といわれる「色々威腹巻(重要文化財)」や、上杉景勝が所用した「紫糸威伊予札五枚胴具足(日輪の前立て)(県指定文化財)」など、上杉家由来の数多くの宝物を見る事ができます。
開館時間
9:00~16:00
(受付は15:45まで)

冬季休館
12月1日~翌3月下旬

拝観料
一般400円(350円) 高・大300円(250円)
小・中200円(150円)
※(  )は20名以上の団体料金
※障がい者割引はございません。