宮坂考古館

宮坂考古館
宮坂考古館
上杉景勝、直江兼続、前田慶次の甲冑を展示しています。
 宮坂考古館は、故・宮坂善助氏が一生涯をかけて収集した、米沢・置賜地方の貴重な資料・文化財約700点を収蔵・展示している博物館です。
 館内には、直江兼続が長谷堂の合戦で着用したといわれる甲冑「浅葱糸威錆色塗切付札二枚胴具足(県指定文化財)」、上杉討伐で北上した徳川家康を迎え撃つため白川へ出陣した際に上杉景勝が着用したといわれる甲冑「浅葱糸威黒皺韋包板物二枚胴具足(県指定文化財)」、前田慶次郎が所用したといわれる甲冑「朱漆塗紫糸素懸威五枚胴具足南蛮笠式」などのほか、米沢藩に伝わる甲冑や火縄銃、槍など数々の上杉家に関する貴重な文化財が展示されています。
宮坂考古館のマップへ
開館時間
4月~9月 10:00~17:00
10月~3月 10:00~16:00

休館日
毎週月曜日、祝祭日の翌日
※年末年始等、臨時休館があります。

入館料
一般400円(350) 高・大300円(250)
小・中100円(50)
※(  )は20名以上の団体料金
※障がい者は通常料金から50円割引
公式サイト
[宮坂考古館]公式ホームページ