パンフレット
米沢観光パンフレット
米沢お土産ガイドブック
観光ドライブマップ NEW
表面裏面
(英語・中国語・韓国語)
舘山城跡パンフレット
表面裏面
 

観光モデルコース










新貝弥七郎

元禄赤穂事件(忠臣蔵)で活躍した米沢藩士です。
 新貝弥七郎は、米沢藩士・新貝喜兵衛の次男で、吉良上野介義央の養子である吉良義周(上杉綱憲の次男)に仕え江戸へ行き、吉良邸で働いていました。
 元禄赤穂事件の際、弥七郎は赤穂浪士の襲撃を察知すると、長屋から飛び出し玄関で奮闘しました。堀部安兵衛の槍に突かれて亡くなったと言われています。
新貝弥七郎の墓(林泉寺)
新貝弥七郎の墓(林泉寺)
新貝弥七郎の墓(林泉寺)
元禄赤穂事件の後、その働きが米沢藩に認められました。
 奮闘の末に死亡した弥七郎は、春日山の林泉寺に葬られ、その遺体からは槍の穂先が見つかったと言われており、米沢藩では弥七郎の死に報い、新家を新たに立て、馬廻組に入れるとそれを弟に継がせました。